アンチエイジングサプリ効果

卵巣年齢を若くする方法|卵子の質を上げるアンチエイジングサプリメント

更新日:

卵巣年齢を若くする方法|卵子の質を上げるアンチエイジングサプリメント

ランキング1位!
アンチエイジングサプリはこちら

 

「妊娠のために卵巣や卵子を若く保ちたい!」
「卵巣の機能低下が原因の更年期の症状を緩和したい…」

卵巣が衰えると、妊娠する能力が弱くなったり、更年期障害の症状が重くなってしまいます。

しかし、卵巣はサプリによってアンチエイジングすることができます。

卵巣を若返らせたり、若く保つことによって、妊娠や更年期以外にも嬉しい効果がたくさんあります。

たとえば、美容面。

「女性のキレイ」を保つために必要な女性ホルモンは、卵巣から分泌されています。(=エストロゲン)

卵巣が健康なら、美容面でも健康面でも良い状態をキープできます。

卵巣のアンチエイジング成分である「プラセンタ」なら、卵巣機能を若返らせるだけでなく、ホルモンバランスを整えることで更年期障害の症状を抑えることも可能です。

プラセンタはその効果の高さが認められ、国(厚生労働省)から「医薬品」の認定を受けた成分です。

※ちなみにコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分は、「医薬品」ではなく単なる「食品」です。

そんなプラセンタですが、食事から摂取するのは非常に困難なので、サプリで必要な量を摂取することが大切です。

ランキング1位!
プラセンタサプリはこちら

 

関連記事

(※このページの一番下)

>>サプリランキングを見る

 

卵巣のアンチエイジングが必要な理由

卵子の数はすべての女性において限りがあり、その数は私たちが胎児だったころに決められています。

生理があるたびに排卵しますので、その数は年齢を重ねるごとに失われてしまします。

卵巣は卵子を作り出す器官で、卵子のもとになる卵細胞を維持し、成熟させその後卵巣からから放出させます。

生まれた頃には200万個あった卵子ですが、女性の一回の生理で排卵する卵子は毎回1000個ほど減少していきます。

年齢が若いうちは卵胞も豊富にあり妊娠しやすいのですが、35歳以上になると、卵巣や卵子が老化し、早く更年期の症状がでて、妊娠しにくくなる人もいます。

卵子があれば妊娠自体は可能なのですが、ホルモンの分泌低下のせいで細胞分裂や受精するまでの過程で不具合を生じ、結果として不妊症になるといったこともあります。

生活習慣や食生活が偏っていると卵巣老化につながり、不妊症や流産のリスクを高めてしまいます。

卵巣自体のアンチエイジングで妊娠できる環境を整えていくのは大切なポイントです。

卵子の老化により染色体異常や胎児が育たないなどといった問題が起きることも少なくありませんので、卵巣の老化を防ぐために食生活や日々の生活を見直すことで、より健康になるだけではなく、妊娠しやすく、胎児が成長する環境を整えるのに役立ちます。

卵巣年齢を若くする方法・卵子の質を上げる漢方とは?

卵巣年齢は、不妊治療対策で体外受精前に卵巣にあとどれくらい卵子が残っているかを調べるAMHがあります。

血液を調べるとわかる検査で、数値が高いと、卵巣にある卵子の数がまだたくさんあるということになり、逆に少ないと、卵子の数が少ない状態で卵巣の年齢が高い状態になります。

卵子の数よりも、高齢出産で子どもを授かるために必要なのは、卵子の質です。

しっかりと細胞分割ができる卵子を育てることが大切です。

卵巣年齢を若くする方法としていくつかの方法があります。

冷えは体の免疫力低下をもたらすだけでなく、生殖機能にも悪影響を与えます。

血行をよくすると、代謝が上がり卵巣にも良いのです。

たばこやアルコール、ストレスは、活性酸素が体内で増えます。

抗酸化力のある食べ物を食することで生活習慣の改善が大事です。

睡眠や運動も健康な生活を送るうえで欠かせないものですが、リラックス効果もありますので、妊活のためには無理のない範囲で行うことが大切になります。

運動に慣れていない人では、ストレス解消にウォーキングやヨガなどがお勧めです。

有酸素運動は、卵巣の衰え防止に役立ちます。

運動とともに、体重の管理をしましょう。

無理なダイエットは排卵を止めてしまう恐れもあり、注意が必要です。

卵子の質を上げる食事・成分

卵子の質を高めるためには、ビタミンやミネラルなど良い食事をとることが大切です。

肉や魚に含まれるたんぱく質は皮膚や血管、筋肉などを作り、質のいい卵子を作るためにも大切です。

レバーや納豆に含まれる鉄分は、血液中のヘモグロビンの材料になり、月経で消費した鉄を補うためにも必要な成分になります。

卵やアーモンドなどに含まれるビタミンEは、抗酸化作用があるため、体内に残存する卵子の老化抑制に役立ち、血流やホルモンバランスをよくする働きがある大切な栄養素です。

山芋やカキに含まれる亜鉛は性ホルモンの活性化に役立ちます。

妊活中から産後までよく推奨されるのが、ブロッコリーやほうれん草に含まれる葉酸で、胎児の神経系障害のリスクを減らすのにも役立ちます。

ウナギやレバーに豊富に含まれるビタミンEは粘膜の健康を保つ働きがあり、子宮環境を整えるのに役立つので適度な摂取がお勧めです。

骨を強くするカルシウムは骨の健康以外にもストレスを軽減するのに役立ちます。

妊活中にストレスはよくないので積極的にとってください。

これらの栄養素をバランスよくとることで、卵子の質を上げることが可能です。

食事で全てをとるのは難しいので、サプリメントなどを利用して上手に栄養成分を摂取してください。

卵巣の機能低下を抑えて卵子の質を上げるサプリメント

卵子の質を上げるサプリで必要な成分は、卵子を活性酸素から守るために抗酸化作用のあるものと、質の良い卵子を育てるために血流を良くするものと、排卵をスムーズにするためにホルモンバランスを整えるものです。

ビタミンE、ザクロ、生姜、たんぽぽ、ローヤルゼリー、マカはサプリに入っていることが重要で、還元型コエンザイムQ10も近年、卵子や精子の質をあげると注目が集まっています。

ミトコンドリア活性化・抗酸化作用のあるミトコプラスなどのミトコンドリアサプリは、抗酸化作用が豊富に含まれています。

テストステロンやエストロゲンといった強いホルモンへ変わるDHEAは、若返りホルモンと言われており研究でレベルが低いほど早死にの可能性が低いとされているのです。

プラセンタサプリの元であるプラセンタやイソフラボンによって女性ホルモンのバランスが整い、卵子の質と着床率の向上が医療現場でも明らかになっています。

不妊の原因は男性のこともありますが、卵子の質を上げる漢方や卵子の若返りサプリ、卵巣の若返りサプリを医学的治療と合わせて用いることで、卵巣自体の衰えを止めることに役立ちます。

サプリを上手に取り入れることで効率的に良い成分を摂取することができるのです。

おすすめのアンチエイジングサプリメントランキング!卵巣機能高める&質の良い卵子を作るサプリ

ランキング1位:プラセンタサプリ「fuwari(ふわり)」

ランキング2位:ヒアルロン酸サプリ「ヒアロモイスチャー」

ランキング3位:すっぽんコラーゲンサプリ「すっぽん小町」

ランキング4位:還元型コエンザイムQ10サプリ「ステラの贅沢CoQ10」

5位:プラセンタサプリ「母の滴サラブレッド」

-アンチエイジングサプリ効果

Copyright© アンチエイジングサプリ:ランキング1位はコレ! , 2018 All Rights Reserved.